日向と日陰では元気のよさの違う植物について

私の会社の正面玄関には、中央に出入り口があって、その左右に小さな花壇があります。

職場の環境整備を担う部署があり、担当者が季節ごとに花を植え替えていています。

ただ、最近、玄関の右側にある花壇の花だけがしおれてしまい、少し寂しい状態になってしまっているんですよね。

建屋の出入り口を真っ正面に立って左側が南で、右側が北にあたります。

そのため、左右の花壇は微妙に陽の当たり方が異なり、右側の花壇は昼過ぎには日陰になってしまうのです。

同じ花を同じように植えても、こうして元気の良さに違いが出るというのは、やはり植物にとって日照時間がとても大切だということなんでしょうか。

普段何気なく見ている道端や駅にある植え木では、こうして日当たりを比較してみたりすることはありません。

でも、そうした設計をするときには、日当たりや植える植物について、きちんと考えられているのかもしれませんね。

そうでないと、なかなかうまく植物って育たないと思うんですよね。https://www.ooooner.com/musee-senaka.html