その目先は覚束ず。ティーンエージャーら、生まれて初めての畑業

「ついに来たけど、なぞ思い出深い景観だね」
真っ先にM・Tが言った。
「びっくりするほどのどかですな」
「私は既に都市が愛しいわ」
 N・Tはふっと意見を漏らした。
「ぴったり大野生って商品っすね。私も都市のほうが博士だけど、たまには良いかも」
 意外にもあのS・Kが自然の景色に心情を動かされてある。
 口々に手答えを申し述べる若者達の目を覚ましてもらえるほどの大野生がひとりひとりの直近に広がっている。
 感嘆も一際、お出かけまま積み込んだ農具を荷台から下ろし、六他人総出ですっとプロセスの調節に取り掛かった。
地下足袋を履き成し遂げると、M・Nは門下生たちひとりひとりに鍬のやり方について教えを受けた。
 いよいよ始まった。風下ろした鍬がグラウンドに割り込む。わたくしがついに食らう内面だった。再び、同じように鍬を上げる。そして、風下ろす。
近く近い距離におる三他人も同様に、振り上げて、風下ろす。
M・Nの教えの部下、四他人は生まれて初めての農作業に精を出す。