嬉しいコーヒーが淹れられるようになった今日この頃

約2か月前文くらいにコーヒー機器を大半買い取りそろえ、それからだいたい毎日自分でコーヒーを淹れ、飲み込むようになりました。
前もってインスタントコーヒーとは何一つ違うね、味わいも臭気も!
それに、個人はコーヒー豆をミルで挽いていますが、ゴリゴリと挽くあの感じは自分で淹れるからこそ喜べるものです。
毎日のコーヒーを淹れる時間は、一年中の中でホッと一息混ざる時間になっています。

そんな感じで毎日コーヒーを飲んでいますが、よく自分で「これは美味しい!」と思えるものが淹れられていませんでした。
当然インスタントよりはうまいですけど、いわばアバウト味わいが生じるというか、味わいが安定しない知覚。
そこでコーヒーの正式を読みながら、分量、道筋、そしてなによりも暇をきっちり見積もりながら淹れて見ることに。
すると驚嘆!「あ、美味しい!」と自然と口から掛かるようなコーヒーを淹れることができました!

それまで分量などは気にしていましたが、その時々で微妙に違ったり、時間も思わずの感覚で淹れていたんですよね。
ストレート、暇を計って淹れるだけでここまで味わいに違いが出るとは思っていませんでしたので、道筋通りに淹れるのがどれだけ要点か、実感できました。
何はともあれ、自分でも喜ばしいと見えるコーヒーを淹れられるようになり、毎日のコーヒーライフスタイルがもっと充実したものになりました!