夏の「高原キャベツ」は、栄養豊富でお勧めします。

皆さんは最近、日々の食生活で『キャベツ』を食べていますか。

キャベツの旬は、春に収穫される品種や夏の高原で収穫される品種や露地栽培で収穫されるものがあります。
冬に収穫される寒玉キャベツ、春に収穫される春キャベツ、夏に高冷地で収穫される「高原キャベツ」などがあります。
キャベツは産地を変えながら、全国に出荷されています。

この高原キャベツは、主に長野県や群馬県などの高原で栽培され、夏に収穫する品種です。また、高原キャベツは比較的に「濃い緑色の葉」で、その「巻き」がしっかりとして、水分も豊富なものが多く、『甘み』が強いのが特徴です。
こうしたことから、生のままの状態で千切りにして肉料理などの付け合わせにしたり、サラダにしたり、そして『加熱調理』をして野菜炒めや、野菜スープを作っていく時の食材として使ってみたりと、様々な調理法で美味しく頂くことが出来ます。

高原キャベツは、より緑色が濃い部分である「外側の葉」に、疲労の回復に効果的な『ビタミンA』が豊富に含まれていて、芯に近い白い部分には、夏場の紫外線対策で「肌の再生」を促進させてくれる『ビタミンC』が含まれています。
また高原キャベツには、多くの『食物繊維』の含有量も多いので、「便秘の改善や肌荒れの解消」などの効果を期待することが出来ると言えるでしょう。

皆さん、これからの夏の時期には、『高原キャベツ』をどんどん食べていきませんか。http://clothingstorebuyer.com/sapuri.html